Profile

Hana

Author:Hana
嵐オンリーでずっと応援してる、関西在住のHanaです。
5人みんな大好きです。
Jr.時代からにのです。

★プロフィールはこちらにもあります
★コンサート/イベント参加歴&予定のページあります。
種類別参加歴
年代別参加&予定

blogからお知らせ/お願い

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


現在の位置

arashi記念日
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年12月 09日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 嵐レポ
  └ COUNT DOWN RADIO851インタビュー
by AlphaWolfy

最近の記事+コメント

ARASHI PEOPLE

Mail form

Tree-Arcive

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

アラシキネンビ

ブログの更新率

livedoor BlogRoll

ドリコムRSSが終わってしまったので、livedoor BlogRollに引越ししました。 登録されてる方は引き続きよろしくお願いします。(10/1)

Counter

嵐メンバー誕生日






*script by KT*

きまぐれタイムマシン

登録ツールズ+

Link

Rss field

QR

QRコード

COUNT DOWN RADIO851インタビュー

昨日のfmosakaの番組COUNT DOWN RADIO 851にて、にのちゃんと加瀬くんのインタビューが流れまして外出先でお昼ご飯食べながら聞きました。

関西のテレビだけではなくラジオもあるとは…
油断してたらダメですね。。

結構DJさんが喋ってますけど…とりあえずレポしてみました。
深夜2時過ぎまで頑張っちゃいました。
朝はゆっくり寝れると思ったのに…ドーム決定して起きちゃって。。
眠いよ?

今、私は労働中です(笑)


太字はにのちゃん
加瀬くんは灰色
普通の文字はDJさんです。


大阪某所

いよいよ明日から公開の『硫黄島からの手紙』に出演されているこのお二人にお話をお伺いしたいと思います。
私の目の前には二宮和也さん、加瀬亮さんがいらっしゃいます。

ようこそ大阪へ?パチパチ?
どうもどうもはじめまして
はじめましてよろしくお願いします。
連日この映画のキャンペーンで押し祖がしくされていますけど…まぁせっかく大阪に来ていただいてもあまりね、自由な時間ないと思いますけどね。
大阪といえば何ですか?二人にとって。笑ってますけど…

?加瀬くん回答中?
加瀬くんの喋ってる横でずっと笑ってるニノ。

ザ大阪みたいな。大阪人がここが誇れるみたいなところはどこですか?(逆に質問してるよ)
いっぱいありますけどね?なんだろな?今、大阪市内某所なんですけど、結構近くに鶴橋っていう焼肉やさんがいっぱいある町があるんですね…

ふ?ん、東京にもありますよなんかね、鶴橋っていうお店のなんか大阪からきたみたいな…

あっそうなんだ!
へ?ぜひそういうところ訪れていただきたいですね。

今回も二宮君とお好み焼き食って帰ろうって約束はしてるんですけどね。
へ?やっぱりこの映画を通してお二人の交流が深まり、まだ結構ねぇ移動されているお二人を拝見していて「あ?こうこううこすれば?」みたいなやりとりがあって…

うふふふふと笑う二人

息がぴったりだなーなんて思ってたんですけど。
いえいえいえ

さて、明日から公開される『硫黄島からの手紙』一足早く観させていただきましてもう体の奥の方からこう…魂が揺さぶられるようなそういう思いで観させていただきました。

二宮さんは妊娠中の妻を残し <はい> 戦場に向かった西郷役
加瀬さんは元憲兵隊のエリート仕官清水役 <はい>


この役はどんな風にして手に入れられたんですか?
オーディションですね。
これ日本の俳優さんが出てますけどクリントイーストウッド監督の作品ですからね。
そうですね
そうなると日本でどんなに知名度があっても、これまでのキャリアがあっても、やっぱりオーディション。。
それが一番わかりやすいっちゃ?わかりやすいと思うんですけどね、きっと。
じゃあそこにはこの役は得られなかったけども、たくさん有名な俳優さんがこられていたんでしょうね。
は?どうなんでしょう
他にどなたが受けたかわからないんですけど…ね。

わかんないようになってんでしょうね、ちゃんとオーディション会場と待機場所っていうのがあって…
それ日本でですか?アメリカでですか?

いや日本です。東京の方でやっていますね

そして台本を手にされて、西郷というやくについて生まれてくる赤ちゃんの自分の子供の顔を見ないまま?硫黄島に送られる若き父親、本当に若い役ですよね。
まだまだこう思ったことを口にしちゃったりだとか…

この役を演じるうえで一番難しかった所はどんな所でしたか?
もちろんその?戦争はしたことないですし、僕らが伝えたかったっていうものは戦争ではなくて、戦争の先に何があるのかっていうのか…したら何が残せるんだっいう結局傷跡しか残らないじゃないかっていう事だと…僕は台本読んだ時にむしろ傷つけられたんで、そういうことを考えていた気がします。

清水役について自分と同世代の兵士が死んでいくのを目の当たりにしてちょっと気持ちの中に変化が生まれていく清水という男なんですけど…何か今、生きている私たちと価値観が違うこう…死ぬという事に対しての価値観が違う、そんな時代の中での清水という役を演じられて何か感じるものはありましたか?

そうですねが逆に清水は戦争通して変化していくんですけど、変化した後っていうのは割りと今自分が持ってる感覚に近いんで…あと想像上の人物ってこともあって割りと普段の感覚から出発して、当時の事…まぁそれも想像なんですけどまぁ??をつけていって、我慢のレベルとかそういうのも本当高いし、そういうのも想像して…結局今は自分の思ってる疑問だとかそういうのはたくさん盛り込めたような気がします。
はい、観て私たちもいろいろと感じさせられました。

リスナーに一言ずつメッセージいただけますでしょうか?
『硫黄島からの手紙』というのが12月の9日から公開されるわけですけども、まぁ61年前ですねこの島で両国が争った消えない傷跡というのが61年経って…両国が力を合わせて発表したってことで僕は意味がそこには意義があると思うんですけども…それをぜひもどういう意味なのかという意義なのかということをですね、明日劇場に行って感じていただけたらなぁ?とそういう風に思います、よろしくお願いします。
ハイ、ありがとうございました。


えーっと明日から『硫黄島からの手紙』公開なります。
本当に大切な事がたくさん描かれた映画だと思いますのでぜひ劇場に足を運んでみてください。よろしくお願いします。


今日は『硫黄島からの手紙』の手紙に出演されている二宮和也さんと加瀬亮さんをお迎えいたしました。ありがとうございました。

ありがとうございました。



関連記事

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

アリガトウ!

ラジオは普段からつけっぱなしなのにこれを聞いてなかった・・・。雰囲気がわかってうれしかったです。

代替画像

シーニェンさん

こちらこそ読んでいただけてうれしいです。
私はラジオは普段チェックしてませんから。。
昔は普段からラジオつけてたんですけどね~最近はまったくです。
当日気付いてよかったです。